第30回 インターナショナル・オルガン・フェスティバル・イン・ジャパン2020 東京公演


2020年6月26日(金)
東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂

開演19時00分(開場18時30分)/入場料:6,000円(全席自由・税込)
出 演:Drエルンスト・エーリヒ・シュテンダー教授(ドイツ リューベック)

演奏曲目 オルガンソロ プログラム

D.ブクステフーデ
バッサカリア ニ短調 BuxWV 161

J.Sバッハ
バッサカリア ハ短調 BWV 582
トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
幻想曲とフーガ イ短調 BWV565
滝廉太郎 作曲/児玉麻里 編曲
荒城の月
山田耕筰 作曲/三枝成彰 編曲
この道
日本の曲
村祭り
モンス.レイトヴィン.タクレ
命の力

東京公演チケット取扱先

発売中

  • ローソンチケット
    ロ-ソン・ミニストップ店頭のLoppiにて(Lコード:31664

    Lコ-ド予約 0570-084-003(自動対応・24時間受付)
    演劇・クラシック専用 0570-000-407(10:00〜20:00)
    PC・モバイル予約 
    http://l-tike.com
  • e+(イープラス)
    インターナショナル・オルガン・
フェスティバル2020

  • インターネットお問合せ・チケット申込み
    IOFJ事務局
    TEL:03-3375-0164 FAX:03-3375-4301
    E-mail:cecilian-k@nifty.com



    ・受付次第、こちらから予約番号をお知らせいたします。
    ・当日受付にて予約番号をお伝えください。チケットは当日現金と引き換えになります。
    ・チケットを先に入手されたい方は、受付後振込みの方法も同時にご案内いたしますので、どちらかお選びください。
    ※チケットは各開催日2日前までにお申し込み頂きますようお願い申し上げます。
    ※受付処理の都合上、受付までにお時間が掛かる場合がございます。10日たってもご連絡が届かない場合はIOFJ事務局にご連絡ください。
  


東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂

    〒112-0014 東京都文京区関口3丁目16−15

  • JR目白駅より「新宿駅西口」行き都バス「椿山荘前」下車徒歩1分
  • JR新宿駅より「練馬車庫行き」行き都バス、「椿山荘前」下車徒歩1分
  • 東京メトロ有楽町線「護国寺駅」出口6より徒歩10分
  • 東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」出口1Aより徒歩15分
ここまでチケット情報

アーティスト紹介

 
 

Dr. Ernst Erich Stender エルンスト・エーリヒ・シュテンダー
1972年 リューベック音楽大学で教会音楽の最高資格A-Examenを修了。
1973年 リューベックの聖マリア大聖堂のオルガニストに着任。
1989年 リューベック音楽大学教授に就任「北ドイツ福音ルター派教会音楽デレクター」を兼任。
1991年 アメリカ・オハイオ州クリーブランドのバッハ研究所の名誉会員に就任。
聖マリア大聖堂ではオルガニストと聖歌隊のカントール、リューベック聖歌隊の指揮者の両役割を担う。聖マリー大聖堂の2台の著名なオルガンを使い、 オルガンによるブクステフーデのオルガン曲全曲や古典的オルガン交響曲など、毎年60−70回のコンサートを行い、多くのレコーディングがある。 JSバッハのオルガン曲全曲を独自な解釈で演奏、オリビエ・メシアンやマックス・レーガーのオルガン作品の演奏に、批評家は“最高の音楽性を持った”オルガニストと評価している。 ドイツレコード批評家賞と、ドイツレコード賞を受賞。 作曲家ブクステフーデの死後300年を記念して出版されたブクステフーデのオルガン曲全集(CD6枚組)は聖マリア大聖堂の「死の舞踏」オルガンで演奏されたもの。